メディレギンス

履くだけで体型補正やダイエット効果があると言われているメディレギンス。

その手軽なことからメディレギンスを試す女性が多くいる一方「痩せない!効果ない!」という口コミもちらほら見かけます。

今回は、メディレギンスが痩せないと言われてしまう原因や、効果が出る履き方、活用方法などについてお話していきますね。

メディレギンスは痩せないという効果に関する口コミは本当か?

考える女性

メディレギンスは着用の仕方によってその効果に大きく差がついてしまう商品で、良い口コミが多い反面、以下のようなイマイチな口コミも見かけます。

なかでもメディレギンスには効果がないと評価する人たちの口コミをご紹介。

ダイエット効果はない

全く着圧もなく、すごくゆるゆるでした。私は普段から着圧式のパンストを履いているので、ギュッとしっかり、締め付けられていれば、ダイエット効果がなくとも、いいかな。って思っていたのですが、予想を上回って、ゆるゆるだったので、がっかりでした。

着圧効果がまるでなしで効果も出ずでした。楽しみにしていたのにがっかりです。これで3000円出すなら市販のが良いと思います。返金してもらいたいです。

飲み会続きなのでメディレギンスを着用する事でカロリー相殺できるかなと思いましたが、逆に太ってしまいました。
やはりそこまでの痩身効果は無いみたいですね。毎日着用しなかったのも良くなかったのかな?

口コミについてはおそらく本当の事を言っているのだと思われますが、結果として痩せなかった事にはちゃんと理由があります。

メディレギンスの効果を感じられない理由

太ったお腹

メディレギンスの効果に関する口コミは、

  • 締め付けが緩い
  • 着用したけど食べ過ぎた

概ねこのどちらかの展開が多くありました。

まず「飲み会続き」など、カロリーを多く摂取する習慣が付いてしまっているのがネックです。

メディレギンスはあくまでダイエットをサポートする商品で、「これを履くだけで痩せられる!」なんて魔法がかかったアイテムでは無く、理論上、1日の消費カロリーより摂取カロリーの方が上回れば、余分なカロリーは脂肪になってしまいます。

そして毎日着用していなかったようなので、なおさら効果は得られにくいでしょう。

カロリーを多く摂取したらその分運動などで消費していかないと、せっかく減った脂肪が再び付いてしまう事になります。

せっかくメディレギンスを履いているのですから、無駄にカロリーを摂取するのはなるべく控え、栄養バランスの整った食生活を送る事が大切です。

あとはなるべく歩いたり動く事を意識するだけでも、消費されるカロリーはかなり変わってきますし、公式サイトでも「メディレギンスを履いてただ寝るだけ」と書いていますので、本来は就寝中に履くのがセオリー。

締め付けに関しては税所のサイズ選びを間違っていたため、十分な締め付けが得られず効果を感じられなかったことになります。

つまり、メディレギンスの効果を得るためには、

  1. メディレギンスの着用時間を増やす
  2. 購入時のサイズ選びを慎重にする

この2点を気を付ければ十分な効果を得られるでしょう。

メディレギンスを履いても痩せないその他の理由はコレ!

差し棒チェック

メディレギンスの効果そのものに関する口コミはご紹介した通りですが、その他にもメディレギンスの評価を落としている口コミとその対策について見ていきましょう。

締め付けが強すぎる

メディキュットはずり落ちにくくて良いんですが、締め付けが強すぎて長時間の着用は少し苦しいです。効果の方もむくみはスッキリしますがそれ以上の良くなる感じはしないので、今は他の着圧アイテムを着用しています。

締め付けが強いと感じる理由

メディレギンスは本来なら伸縮性が非常に高い製品なのに、それでも締め付けが強いと感じるのには、以下のような理由が考えられます。

  • サイズが小さすぎる為、長時間の着用が苦しくなる
  • もともと胃腸が弱く、ちょっとした刺激にも敏感
  • 着圧アイテムなど、補正下着の着用に慣れていない

まずは一度自分のウエストをメジャーで測って、手持ちのメディレギンスのサイズに適しているものかどうかを確認してみる事が大切。

そして胃や腸に負担がかかりやすいタイプの人は、無理をして履き続けない方が賢明です。

補正下着の着用に慣れていない場合は、きちんと適したサイズのものを着用した上で、しばらく履き続けて体を慣らすしかありません。

脱いだら元に戻ってしまった

確かにメディレギンス着用中は下半身全体が細くなっていますが、脱いだら元通りです。まだ1週間くらいしか履いていませんが、痩せる程の効果までは無いように思います。

履き続けないと効果を実感できない理由

メディレギンスは特に体型を一瞬で補正する効果に優れており、履くだけで太ももが6cmは細くなると言われていますから、痩せていない最初のうちは脱ぐと元どおりの体型に戻ってしまいます。

1〜2週間くらいしか履いていないようではむくみが解消されるかな?程度で、まだまだ目立った痩身効果は出ないでしょう。

メディレギンスの恩恵を最大限に引き出す為には、最低でも1ヶ月以上毎日着用することが大切であり、メディレギンスでのダイエットに成功した人は3ヶ月以上着用していた人が多いです。

また効果が出にくいと感じる人はできるだけ長時間の着用がオススメで、十分な効果が出たという人は、就寝中に履いて寝ていたというケースがほとんど。

メディレギンスはデザインが黒ベースでうっすらと縞模様になっているので、履くシーンに迷ってしまうかもしれませんが、家にいる時や就寝中に限定して履く事により続けやすくなると思われます。

公式サイトでも「メディレギンスを履いてただ寝るだけ」と書いていますので、本来は就寝中に履くのがセオリーと言えるでしょう。

メディレギンスの正しい履き方

女性のボディライン

履くだけで体型補正やダイエット効果があると言われているメディレギンスですが、正しく履かないとその効果を十分に発揮させることができません。

ここでは、メディレギンスを正しく履くポイントについてお話していきます。

メディレギンスを正しく履く為のポイント

まずこれだけは基本として守ってほしいのが以下の点です。

  • 自分の体型に適したサイズを履く
  • 就寝中をメインに、なるべく長時間履く
  • 最低1ヶ月以上は毎日の着用を続ける
  • 体調が悪い時は無理をして履かない
  • 暴飲暴食は控えて、栄養バランスの整った食事を心がける

いくらメディレギンスを履いているからと言って、他に何もしなかったり、油断して食べ過ぎてしまっては元も子もなくなります。

さらにメディレギンスの効果を出しやすくする為に、できれば以下の項目も心がけてみてください。

簡単な運動をする

ジョギングする女性

脂肪燃焼の基本は「有酸素運動をできるだけ長い時間続ける事」で、脂肪の燃焼が始まるまでに、最低でも20分以上の有酸素運動が必要であると言われています。

最もオススメなのがウォーキングで、これならあまり運動しないタイプの人でも手軽に続ける事が可能です。

いつもの通勤や買い物の行き帰りに、一駅早く降りて歩くだけでもかなり変わってきますし、運動慣れしている人ならジョギングやジムでの運動、泳ぐのが好きな人なら水泳が特に脂肪燃焼には効果的です。

ちなみに、メディレギンスを履いて運動するとより高い効果が得られますので、抵抗が無いようでしたらぜひ試してみてくださいね。

脂肪を溜め込みにくい食生活を心がける

 

サラダを食べる女性

せっかくメディレギンスで脂肪を燃焼している分、新たに脂肪を蓄積しないよう心頑張ってけなければなりません。

過度なカロリー制限は体に負担がかかりますのでくれぐれも控えていただきたいですが、簡単な食事制限であれば、健康的な体を保ちつつ無理なく脂肪を落としていけるのでオススメです。

脂肪を溜め込みにくくする食生活のポイントをピックアップしておきますので、ぜひ心がけてみてくださいね。

  • お菓子やジャンクフード、揚げ物、牛肉、バター、チーズなどは動物性脂肪が豊富なのでなるべく控えましょう。
  • 鶏肉、豆腐や大豆製品など、低脂肪高タンパク質の食品をなるべく摂るようにしましょう。
  • ビタミン類や食物繊維が豊富な野菜やきのこ類を多く取り入れるのがオススメです。
  • 1日3食を守りましょう。特に食事の量が夕食に偏り過ぎないよう注意。
  • 便秘予防に水分をしっかり摂りましょう。便秘気味な時はバナナを食べると解消されやすくなるのでオススメです。

同じメディレギンスを履き回しすぎない

スパンデックス

メディレギンスは伸縮性の高い丈夫な生地で作られていますが、さすがに1枚を毎日洗って履き回していては生地が傷むのも早まります。

履きすぎてくたくたになったメディレギンスを履き続けるのも痩せない原因に繋がりますので、洗い替えやストックはなるべく余分に持っておく事をオススメします。

特に補正下着というのは消耗品ですしいずれ買い換える必要が出てくるアイテム。公式サイトでまとめ買いすると1枚あたりの値段も安くなりますし、コスパ面で言ってもその方がお得です。

また、メディレギンスを洗濯する時は生地が他の洗濯物と引っかかり破れてしまうのを防ぐ為、必ずネットに入れて洗うようにしてくださいね。

メディレギンスを正しく履く事で得られる効果

両手を上げて喜ぶ女性

ここでは、メディレギンスを正しく履く事で得られる効果についてお話していきますね。

6段階着圧による瞬間補正効果

メディレギンスは独自開発による「特殊裁縫技術」によって、履くだけで脂肪燃焼に最適な圧力を下半身全体にかけてくれる設計です。

これにより瞬間的に太ももを約6cmも細くしてくれる為、見た目だけであればすぐに細く見せる事が可能で、筋肉質な男性の脚までもしっかり瞬間補正できています。

冬場など気温の低い時期であれば、ボトムの下にメディレギンスを履く事でスラッとした脚を演出する事ができ、かつ冷え防止にもなります。

生地に消臭効果のある「銀」を配合しているので、蒸れ・汗・臭い対策もバッチリです。

骨盤補正効果

メディレギンスは「3D強圧構造」によってお尻が引き締められ、360度全方向から骨盤の歪みを補正してくれるようになっています。

長く続けていれば下半身全体の形やボディラインを美しく保つ事ができ、ガードル無しでもプリッとしたヒップラインが手に入るでしょう。

ツボ押し効果

メディレギンスは履くだけで脚痩せに効果のある8つの足ツボを刺激できるように設計されていて、それにより血行改善・むくみ改善・老廃物の排出・基礎代謝アップ・脂肪燃焼率アップなどの効果が期待できます。

  • 承扶
  • 無名穴
  • 承山
  • 承筋
  • 承間
  • 太けい
  • 解けい

さらに生地にゲルマニウムとチタンを配合している為、脂肪燃焼をより強力にサポート!

メディレギンスの本物を最安値で購入する方法

スマホを操作する女性

メディレギンスは市販では基本的に取り扱いが無く、大手通販サイトであっても現在は楽天市場のみでしか扱っていません。

「楽天で売っているなら楽天で買えばいい」と思うかもしれませんが、メディレギンスに限らず加圧案件は公式サイトを利用することをオススメしています。

というのも正規店以外で購入すると、メディレギンスとそっくりな偽物を買わされる可能性があるからです。

楽天やAmazonのような大手通販サイトで偽物?と思いましたが、残念ながら本物そっくりな偽物や類似商品を購入してトラブルになった方も多くいるため、品切れの心配なども無くスムーズに変える公式サイトのご利用をオススメいたします。

「楽天ポイントを貯めてます!」という人であれば楽天市場からのお申込みでも良さそうですが、この場合入荷待ち等になっていないかの確認が必要です。

公式サイトで購入される場合は、割引額が適用されてかつ送料無料となる3枚以上のまとめ買いをオススメしています。

消費税8%込みの価格一覧はこのようになっています。

  • お試し単品…4,309円(送料700円)
  • 洗い替え3枚セット…12,852円(送料無料)/1枚あたりの価格 約4,284円
  • 5枚+1枚セット…21,492円(送料無料)/1枚あたりの価格 約3,582円

また支払い方法は、クレジットカード(一括・分割・リボ払い)・後払い・代金引換・AmazonPayが利用可能です。

買う前のサイズ確認はしっかりと!

今記事でもお伝えしている様に、メディレギンスの効果を最大限に発揮させる為にはサイズがきちんと合ったものを着用するのが重要になってきます。

事前に必ずウエストとヒップをメジャーで測り、自分のサイズがどれにあたるかを確認してから買う様にしましょう。

ちなみにメディレギンスは以下の2サイズ展開で、M-L、L-LLとなります。

  • M-L…ウエスト64〜77cm/ヒップ87〜100cm
  • L-LL…ウエスト69〜85cm/ヒップ92〜105cm

返品・交換・キャンセルはできる?

購入をキャンセルしたい時、商品が届いたものの不良品で返品したいという時は、公式サイト下部にあるお問い合わせページから連絡すれば対応してもらえます。

商品が到着している場合は7日以内に連絡を入れる事が条件で、未開封・未使用の商品のみ返品が可能です。

返品の時の送料・手数料については、初期不良であれば株式会社フラットが負担。
購入者の都合による返品や交換は、返送料・手数料ともに購入者負担となります。

メディレギンスのお問い合わせ先はやや見つけにくい為、以下に記しておきますね。

  • 製造・販売元会社…株式会社フラット
  • 電話番号…072-275-6964
  • FAX番号…072-275-5853
  • メールアドレス…info@health-labo.shop
  • 営業時間…10:00〜17:00

まとめ

メディレギンスで痩せない人は、まず以下の点を再度チェックしてみてください。

  • サイズが小さすぎたり大きすぎたりしないか?
  • 長時間・長期間履き続けられているか?
  • 暴飲暴食などでカロリーを過剰に摂取していないか?
  • 適度に運動し、体を動かしているか?
  • メディレギンスを何度も洗いすぎて生地が傷んでいないか?

おそらく痩せない原因としてはこれらが大きいかと思います。

あとはもともと体のめぐりが良すぎて十分な恩恵を得られていなかったり、また基礎代謝が異常に落ちてしまっているなど、個人差によるところもあるでしょう。

これを機会に、自分の体と健康について今一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事