ビジネスイメージ―ひらめき

加圧シャツsasukeにはMとLの2種類のサイズがあるのですが、その効果をしっかりと実感するためには「サイズ選び」を正しく行う事が大切です。

最初のサイズ選びを間違えてしまうと、加圧シャツsasukeを着用しても、一向に理想の体型に近付けないばかりか、身体に想定外の悪影響を与えてしまうことも。

今回は加圧シャツsasukeの誤ったサイズ選びがどのようなトラブルに繋がってしまうのか、そしてそのトラブルを避けるための正しいサイズ選びの方法を分かりやすくまとめてみました。

加圧シャツsasukeのサイズにはどんなものがあるの?

ビジネスイメージ―ひらめき

サイズ選びの詳細をまとめていく前に、まずは加圧シャツsasukeにどのくらいのサイズがあるのかを見ていきたいと思います。

加圧シャツsasukeのサイズ展開は以下の2種類で、かなり幅広い体型の方々に着用出来る設計になっているようですね。

Mサイズ Lサイズ
身長 155~184cm 155~184cm
体重 50~84kg 75~119kg

これから加圧シャツsasukeを購入しようと考えている人は、この2サイズの中から自分の体型に合った物を選んでいく訳ですが、同じ位の身長の人でも体重が違えばシャツのサイズも変わってきます。

商品レビューや口コミなどを見て何となくサイズ選びをすると、いざ着たときにサイズが合わないなんて事になってしまう可能性もあるので、購入時にはキチンと自分の目で加圧シャツsasukeのサイズを確認しなければいけません。

加圧シャツsasukeのサイズ選びを間違うと何が起こる?

サイズ選びが重要だということは言うまでもありませんが、実際にサイズが大きすぎたり小さすぎると何が起こるのでしょうか?

  • 選んだサイズが大きすぎる
  • 選んだサイズが小さすぎる

それぞれのデメリットを見ていきましょう。

加圧シャツsasukeのサイズが大きすぎた場合に起き得る事

チェックリスト

加圧シャツsasukeが自分の体型よりも大きすぎるという場合、シャツの加圧が正しく身体に伝わらない事で、下記のようなトラブルに繋がってしまう危険性が考えられます。

強力な加圧力が台無しに

加圧シャツsasukeはその加圧によって身体に適切な圧力を加え、脂肪燃焼・筋力トレーニングのサポートやぜい肉の補正、姿勢を支えるなどの働きを以て理想の体型にアプローチしていくという商品ですが、サイズが大きすぎてシャツがガバガバな状態では適度な加圧が得られません。

毎日着てるのに効果が無い!という方はサイズが大きすぎないかどうかを確認しましょう。

動くとシャツがズレてしまう

加圧シャツsasukeは伸縮性が非常に高く加圧力も強いので、着用中に激しく身体を動かしてもズレたりヨレたりし難いのですが、サイズが大きすぎる場合は身体と生地に隙間が出来やすくなり、少し身体を動かしただけでもシャツがズレてしまいやすなります。

起きている間は自分で意識してシャツの位置を直せるのでまだ良いものの、寝ている時は直しようがありませんし、そもそも日中に着用する場合でも、いちいちシャツのズレを直しながら着用するのは非常に面倒になり、着用そのものをやめるきっかけになる恐れも。

加圧シャツsasukeのサイズが小さすぎた場合に起き得る事

スマホと男の子

加圧シャツsasukeのサイズが大きすぎる場合は、その加圧効果が適切に受けられない可能性が高いものの、締め付けが緩くなる分着ている方は楽ですし、着心地の面だけを見れば特に問題は無いと思います(全くオススメはしませんが)。

しかし、加圧シャツsasukeのサイズが小さすぎるというケースでは、締め付けの強さによって着心地が圧倒的に悪くなる事に加え、身体に重大な悪影響を与えてしまう危険性があるんです。

息苦しさを感じる

人間の呼吸法には「胸式呼吸」と「腹式呼吸」の2つがありますが、加圧シャツsasukeのメインユーザーである男性は、無意識の内に腹式呼吸をされている人が多く、腹式呼吸はお腹を出したり引っ込めたりする事で息をする呼吸法なので、お腹を圧迫されると息が吸い込み辛くなり、息苦しさを感じてしまう可能性が高なります。

加圧シャツsasukeは腹筋のトレーニングのためにお腹周りの加圧が特に強く、お腹は胸部のように肋骨で外圧からガードされている訳でも無いため、余計に息苦しくなってしまいがち。

また、シャツのサイズが小さいと襟元も締め付けられてしまうので、胸式呼吸の人であっても息苦しさを感じやすい事に変わりは無いでしょう。

身体を傷める危険性もあり

加圧シャツsasukeのサイズが小さすぎると肌に加わる圧力が通常よりも大きくなってしまうため、それと比例してシャツと肌の摩擦も強くなってしまい、肌が強く擦れて乾燥しやすくなります。

すると、肌がカサついて痒くなったり、肌を外部刺激から保護するための皮脂や水分まで失われてしまい、肌荒れなどのトラブルに繋がってしまう恐れも。

さらに、肋骨や背骨に強い圧力が加わり続ける事で、骨や筋肉を傷めてしまう・血管を圧迫して血流を阻害してしまうなどの健康トラブルを引き起こしてしまうなんて事もあるかもしれません。

効果が出ない

加圧シャツsasukeは綿密な計算から設計されていて、使う人の体型に合った加圧によって初めて効果が発揮される物であるため、サイズが小さすぎても大きすぎてもしっかりとした効果は実感出来ません。

締め付けがキツいほど効果が出やすいと勘違いされがちですが、締め付けがキツいと血流が遮られてしまい、血行改善による脂肪燃焼のサポートが受けられないんです。

他にも、強すぎる締め付けで痛みや息苦しさを感じてしまい、加圧シャツに最も重要な着用し続けることができなくなるので、理想の身体を手に入れることもできなくなります。

自分に合ったサイズを選ぶポイント

ヒント

加圧シャツsasukeのサイズはMとLの2種類だけですが、対応するサイズは身長・体重によって細かく分けられています。

体重(kg)/身長(cm) 155~159 160~164 165~169 170~174 175~179 180~184
50~54 M M M M M M
55~59 M M M M M M
60~64 M M M M M M
65~69 M M M M M M
70~74 M M M M M M
75~79 M M M M M
80~84 M M M
85~89
90~94
95~99
100~104
105~109
110~114
115~119

このように細かく設定されているので、自分の身長と同じ数値を選んで、後は自身の体重の部分まで下りていけばOK。もちろん体重→身長の順番でも良いので、まずはこの方法で自分の体型に合ったサイズを探してみましょう。

サイズ選びに迷ったときの対処法

例えば身長174.5cm・体重74.5kgなどの「サイズ表でMとLの間位の体型」の人はサイズ選びに迷うかもしれませんが、この場合は基本的に小さい方のサイズを選べばOK。

加圧シャツsasukeは非常に伸縮性が高く良く伸びるため、数ミリ程度の誤差であれば問題無くぜい肉が補正できますし、息苦しさを感じる事も少ないでしょう。

ただし、

  • お腹がぽっこり出てる人
  • 筋肉量が少ない人

などは、脂肪は筋肉よりも比重が軽く、体重よりも実際の体型が大きく平均的な体型の人よりも締め付けを感じやすいため、この場合は一回り大きなサイズを選んだ方が良いでしょう。

体型は購入時に改めて計測しよう

サラリーマンだと会社で年数回の健康診断をしている場合がほとんどだと思うので、ある程度は自分の体型の数値を認識されていると思いますが、加圧シャツsasukeを購入する時はその直前に再度体のサイズを測り直すことをオススメします。

その時の食生活や活動状況によって、数週間で体重が2~3kg上下するなんて事もありますし、現在の自分の身体状態を再確認する事も大切なので、少なくとも体重位は購入の直前のものを参考にしたいところです。

sasukeの加圧力を保つ方法

 

差し棒チェック

加圧シャツsasukeをある程度の期間着続けていると、途中で締め付けが緩くなって加圧効果が弱まってしまう事がありますが、その原因としては次のようなものが考えられます。

  • 理想の体型に近づいてサイズそのものが合わなくなった
  • 経年劣化によって伸縮性が失われた
  • 手荒に扱った事で生地が傷んでしまった

加圧シャツsasukeの効果で身体が引き締まってサイズがゆるくなるのであれば問題ありませんが、それ以外の理由でサイズが合わなくなると困りますよね。

そこで以下の2点のポイントをおさえておきましょう。

複数枚ストックを用意しておこう

加圧シャツsasukeを少ない枚数で毎日着回していると1枚に負担が集中してサイズが緩む可能性もあるので、あらかじめ複数枚のストックを用意しておいた方が長く品質を保つことができます。

なお、公式サイトだと加圧シャツsasukeは1枚2980円(税別)ですが、6枚以上でまとめ買いをすればその内1枚分の金額が無料となり、6枚・7枚セットであれば実質2980円引きで買えるため、後から1枚ずつ追加で買うとちょっと損なので、最初からいきなり複数枚まとめて購入しましょう。

洗濯する時は出来るだけ丁寧に

加圧シャツsasukeの生地は耐久性が高いため、自宅の洗濯機で簡単にお手入れが出来るのも大きなメリットですが、やはりいい加減に洗濯をしてしまうと、他の洗濯物と絡まったり擦れたりして生地が早く傷んでしまうため、自宅で洗濯をする時は下記のような丁寧なお手入れを心がけましょう。

  • 洗濯機に入れる時は洗濯ネットに入れる
  • 弱水流で優しく洗う
  • 乾燥機やアイロンは使わない
  • 洗濯物が多い日は分けて洗う

奥さんがいる人は、洗濯の際に奥さんの下着と一緒に洗ってくれるようにお願いしてみるのも良いかもしれませんね。

まとめ

加圧シャツsasukeは適切なサイズの物を着用する事で効果を発揮するものなので、サイズが大きすぎても小さすぎてもその効果を実感することは出来ません。

むしろサイズが合わない事で健康に被害を及ぼしたり、着用を続けていくこと自体が難しくなってしまう危険性もあるため、サイズ選びは出来るだけ慎重かつ確実に行うことが重要です。

あなたも加圧シャツsasukeの正しいサイズ選びを理解して、気軽に理想的な体型づくりを目指しましょう。

おすすめの記事