女性のウエスト周り

スベルトレディは自分のサイズにしっかり合ったものを選ばなければ、ダイエット効果が半減したり、血行が抑制されて健康に悪影響を及ぼす可能性があるので、サイズ選びは慎重に行いたいところです。

本記事では、サイズ選びを間違えてしまった時の対策と失敗しないサイズ選びの方法をご紹介していきます。

正しいサイズのスベルトレディを着用して快適な着圧ダイエットに励みましょう。

スベルトレディのサイズが大きかった時の対処法

女性のウエスト周り

スベルトレディにサイズはしっかり測って買ったはずなのに、買ってみたらサイズが大きすぎた!なんてことありませんか?

サイズが大きすぎるとスベルトレィの効果を十分に得られないので、できれば返品したいところですが、

衣類・インナー等は製品の性質上、発送後のお客様都合でのキャンセル・返品は受付できなくなっております。サイズやカラーを十分にご確認のうえ、ご注文下さいませ。

引用元:公式サイト

このように自分の都合による返品はできないと公式サイトに書かれているので、サイズが大きいと感じた時には以下の2つの方法から自分に合った差対策を行いましょう。

対策①新しいものに買い替える

サイズが合わないなら自分に合ったサイズを再度購入する。これは一番の解決策ですが、スベルトレディは決して安い商品は無いのですぐに買い替えることも難しいでしょう。

対策②重ね着をする

大きくて再サイズが合わないスベルトレディでも、2枚重ね着することで適度な加圧やツボ押し効果などスベルトレディの力を引き出すことができます。

自分に行ったり合ったサイズを2枚重ねする方もいますが、正直苦しいだけでほとんど意味を成しません

しかし自分より大きいサイズのスベルトレディを2枚重ね着をすると適度な加圧効果によって、スベルトレディ本来の効果とまではいきませんがそれに近い効果を実感できるでしょう。

もちろん自分に合ったサイズを着用するのがベストですが、アイデア一つで大きいサイズでもスベルトレディの効果を発揮させることができるんです。

スベルトレディが大きいまま着用するとどうなる?

メリットとデメリット

大きいサイズでも重ね着をすることでカバーできますが、重ね着をせずに大きい状態でスベルトレディを着続けたらどうなるのでしょうか?

実際に、スベルトレディ購入者の口コミには、以下のようなお声が上がっていました。

スベルトレディを買ってみたものの、サイズが大きくて私の体にはフィットしませんでした。2か月着用し続けても効果を実感できなかったから妹にあげました。妹にはサイズ感がピッタリだったみたいで、「2週間で体重が1.7㎏も減った」と喜んでいます。私ももうワンサイズ小さいのを買おうかな~。

やはり、自分の体にしっかりとフィットしなければ優れた美ボディ効果を実感できないようです。

では具体的にスベルトレディが大きいと感じたまま着用するとどうなるか、を一つずつ確認していきましょう。

サイズが大きいとツボ押し効果が半減する

スベルトレディは、美容効果が期待されるツボを刺激できるように作られていることが魅力の一つなのですが、ツボの中には、便秘解消効果が期待できる「中完(ちゅうかん)」「天枢(てんすう)」などがあり、スベルトレディうを着用すると体内に溜まっている老廃物や毒素を排出して血行を促進できるメリットも。

ですが、大きいサイズを選んでしまうと「美容ツボ」がうまく刺激されないため、本来ならば実感できる効果も出にくくなってしまいます。

加圧が適切な位置で行われない

大きいサイズのスベルトレディを選んでしまうと、適切な位置で加圧されないため、スベルトレディが大きすぎると動くたびに生地がズレてしまうので、加圧したい部分をピンポイントで抑えられないのです。

スベルトレディは、一般的な着圧シャツとは違って二の腕にも適度な圧を加えるような設計になっているのですが、これも、サイズが大きければ二の腕にピッタリとフィットせず、二の腕がほっそりする効果も半減する残念な結果に。

サイズが大きいものを選んでしまうと着用者にメリットは一つもないので、重ね着や思い切って買い替えるなどを行って、スベルトレディに効果を実感してください。

きついスベルトレディを着続けるのは危険?

バツサインする女の子

結論から申し上げますと、きついスベルトレディを着用し続けるのは危険です。

大きいサイズを選んでしまうとダイエット効果が半減すると先述しましたが、それに加えて体調不良や肌トラブルを引き起こす可能性もあるので要注意。

スベルトレディが小さかった場合は、無理して着用せずにワンサイズ大きいものに変更しましょう。

とは言え、スベルトレディはお客様の都合で返品・交換ができないそうなので、新しく購入するしか方法がないようです。

買い替えは費用が掛かるので敬遠されがちですが、スベルトレディがきついと以下のような大きなトラブルを引き起こすきっかけになるため、間違ってもきつすぎるスベルトレディを着用し続けてはいけません。

きつすぎると加圧が強すぎて血行が抑制される

自分の体よりも小さいサイズを選んでしまった場合には、加圧が強すぎて血行が抑制されてしまいます。

実際に私は、小さいサイズのスベルトレディを購入してしまったので着ている間は、胸が圧迫されて苦しかった経験があるんです。

きつい着圧シャツを無理して着用し続けると、血行が抑制されているので酸素が体内に巡りにくくなって体調不良を引き起こしてしまうケースもあるため、もし、小さなスベルトレディを着用していて貧血のようにフラフラしたり、めまいがあったりしたらすぐに脱ぎましましょう。

皮膚に負担がかかって肌トラブルの可能性がある

スベルトレディは、臨床試験を何度も繰り返して蒸れにくく肌にダメージがない素材を採用していますが、小さいサイズを無理して着続けると肌トラブルが引き起こしやすくなります。

きつすぎると腰周りやバストに加えて二の腕を加圧するので、腕にもギュッと生地が食い込んで肌に負担がかかることもあり、この食い込みが強くなって脱いだ時に真っ赤な跡が付く上に、皮膚がかゆくなったり赤みが出たりするトラブルもを引き起こす可能性も。

また、寝ている間や通勤中などに着用する方は、体温が上昇するとともにかゆみや赤みが悪化するケースもあるので、小さいサイズのスベルトレディは無理して着用しないようにしてください。

ダイエットのメラメラ効果が落ちる

そもそも、小さいスベルトレディは着用していてすごく窮屈なので長時間着続けることは難しく、個人差はありますが、3~5時間着用したら苦しさに耐えられず着脱してしまうので必然的にスベルトレディでダイエットがしたい!と思ってもその効果は半減してしまうんです。

さらに、適度な加圧ができないだけでなく血行が悪くなってしまい「老廃物」や「毒素」がうまく排出されず、代謝が落ちる可能性もあり、そうなってしまうと、ダイエットどころか身体がむくみむ原因に繋がるので注意が必要です。

スベルトレディの正しいサイズ選びのコツ

ダイエットの文字と計測メジャー

スベルトレディでボディメイクを成功させるためには、正しいサイズを選ばなければなりません。

そこで、自分にピッタリなサイズを選ぶための秘訣をお伝えするので参考にしてみてくださいね。

スベルトレディのサイズ展開は以下のとおりです。

バスト ウエスト
Sサイズ 79~87cm 64~70cm
Mサイズ 86~94cm 69~77cm

メジャーを使ってしっかりを測定する

スベルトレディは、ネット通販のみで取り扱っており、市販では販売していないので試着することができないため、着用してサイズ感を確かめることができないのでご自身でメジャーを使って一度しっかりサイズを測るようにしましょう

私は、自分のサイズを勘違いしていたことが原因でスベルトレディのサイズミスが起こりました。

以前はウエスト68cmでしたが、たったの数か月でウエストが73cmになっており、5cmも太っていたのに気づくことができませんでした。

ここ2~3か月自分にサイズを測っていない方は、ぜひこの機会に実寸を測定してみてください。

メジャーで測るとスベルトレディでダイエットを始める前に、自分のサイズを把握しておくことで痩せたかどうかを数値でチェックできるメリットもあります。

測定したサイズが中間だったらバストで決める

実寸を測定してみた結果、ウエストが69~70cmだった場合は、どちらのサイズを選ぶべきか迷ってしまいますよね?

そのような時には、バストのサイズによって決定すればミスを防げます。

反対に、バストのサイズが86~87cmの中間だったらウエストを見て決めるようにしましょう。

万が一、バストとウエストのどちらとも中間だった場合は、二の腕のサイズをチェックしてから決めてみてください。

二の腕のサイズ感も忘れずにチェックする

ウエストが69~70cm、バストが86~87cmと両方ともサイズが中間だったと言う方も少なくありません。

最終手段として、二の腕のサイズを測定してSサイズとMサイズのどちらを選ぶのかを決定しましょう。

二の腕のサイズ
Sサイズ 16~20cm
Mサイズ 19~23cm

稀に、二の腕のサイズもSとMの中間(19~20cm)だった方もいて、そのような場合は、公式ホームページに記載しているように"Sサイズは通常のMサイズの大きさ”なので、Sサイズを選ぶといいでしょう。

スベルトレディは、他の着圧インナーよりも加圧強度が高いのですが、サイズ感はやや大きめに作られている特徴があります。

いつもMサイズの服を着ているのであれば、スベルトレディはSサイズがフィットする可能性が高いです。

見落とさないで!スベルトレディの落とし穴

スベルトレディは、着用時間が長ければ長いほど効果が実感者少なるので長時間着る必要がありますが、毎日、同じものを長時間着用すれば、繊維に負担がかかって加圧強度が低くなってしまうケースもあります。

着ていくうちに老朽化が進んでしまうので、なるべくまとめ買いをして生地への負担を軽減させることも重要なポイント

また、スベルトレディは単品で買うよりもまとめ買いの方が圧倒的に安く購入できるのでオススメです。

まとめ

スベルトレディは、自分のサイズにピッタリとフィットしなければダイエット効果を実感することが出来ません。

そのため、面倒ではありますが一度ご自身の「バスト」「ウエスト」「二の腕」の3パーツを正確に測定してから購入するようにしてください。

また、スベルトレディを着続けると加圧が弱くなってしまうので、まとめて持っておくと適切な着圧が保ててスムーズにスリムなボディを目指せるでしょう。

あなたもスベルトレディで美ボディを手に入れてみませんか。

おすすめの記事